So-net無料ブログ作成

猫本15:『バロン 猫の男爵』★柊あおい [猫★脇役マンガ]

バロン猫の男爵.jpg


『バロン 猫の男爵』★柊あおい

猫の男爵バロンについては、先にジブリのアニメ映画で知りました。

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]


女子高生ハルが主役のファンタジーで、彼女を助けるバロンがカッコ良すぎて「若者向けハーレクインみたいだ」と思ったことを覚えている。
さすがジブリで映像はとても綺麗だったし、充分楽しかったけれど、ちょっと照れくささも感じた。

その後、マンガも買ってみた。
これが原作なのだけど、もともと宮崎駿氏のリクエストで、柊さんが書き下ろした作品だそうで、ストーリー展開もバロンのカッコ良さも、他の登場人物の造形も当然同じテイスト。

猫の国があったら良いな~猫になれたら良いな~って、結構前から考えたりしていたから・・・私が想像していた「猫の国」とは違ったけれど、物語の中に入り込みやすかった。

猫とカラスが協力するって、他のファンタジー本でも読んだ気がするんだけど、よくある設定なのかな?
昨晩読んでいたエッセイには、公園にいるノラ猫とカラスが、お互い賢く共存している様が描かれていて、なるほどと思ったけれど・・・いつもどこでも仲良しって関係じゃないように思えるのだが。
まあ、この作品内では「賢いカラス」と「賢い猫」が協力しあって、ハルを助けるのでした。

ハルと、以前飼っていた猫のユキちゃんとの再会には、じーんときちゃいました。
そうか、猫の国ってそういうことでもあるのかって。
ハッピーエンドの王道ストーリーだけど、だからこそ安心して読めて、その世界にひたれます。

ちなみに、私のお気に入りは、カッコ良い紳士のバロンよりも、巨体でパワフルな悪人顔のムタさんです[黒ハート]

バロン―猫の男爵 (Animage comics special)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

らいみ

たくさん記事が増えている!

かっこいい猫好き。
どこかに連れて行ってくれる感じですね。

by らいみ (2011-09-09 23:39) 

駄々猫

>らいみさん
一応、一日一冊、頑張っています。
今はストックがあるしね。

カッコイイ猫ですねえ、バロンは。
私は猫もやっぱり脇役スキーなんだな~。ムタさんラヴ。
by 駄々猫 (2011-09-10 00:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。