So-net無料ブログ作成
猫★主役マンガ ブログトップ

猫本40:『性悪猫』★やまだ紫 [猫★主役マンガ]

110927_1411~0002.jpg


『性悪猫』★やまだ紫

やまださんの作品に出てくる猫は、シニカルな視点を持っている。
「可愛い」というより、「ひねくれた」感じの猫が多い。
性格が悪いということではなく、世の中の理不尽さや、「当然」とされているけれど納得のできない物事に対し、密かに怒りを感じている、というような。

それはまた、やまだ紫という作家にも通じるように思う。
私は彼女のエッセイも読んだのだが、たとえば戦争とか金融危機とか災害などの「世の大事」ではなく、「小さな生活の中の矛盾」や「身近にある差別」といったものを見過ごさずに「待った!」をかけている。

帯には「暮らしの中でであう哀しみ、ねたみ、怒り、そして悦びを、猫の姿をかりて、やさしく、伸びやかに描く。」とあるけれど、猫を擬人化しているというのともちょっと違う気がする。

短編集のように、猫を主人公にしたマンガが連なっていて、言葉数もさほど多くないのだけれど、簡単に「読んだ」と言えないような深みを感じます。
これも帯にあった「詩的コミック」という表現はよくわかる。

「ひかげ」という作品の最後に「せけんなど どうでもいいのです お日様いっこ あれば・・・」という言葉があって、つまらない対人関係で悩んでいた時に、ストンと胸に落ちた。

私は子供がいないこともあり、彼女の「母親観」みたいなものには共感できないのだけれど。
日常生活の中で、時に感じるわだかまりのようなものを、これほど正直かつ美しく表現できる人をあまり知らない。
「すごく好きな本」というわけではないのだけれど、「日々の暮らし」そのものにちょっと倦んだ時に、ビタミン剤のような働きをしてくれる一冊です。

単行本も手元に置きたいけれど、文庫版解説が佐野洋子さんなので、単行本を手に入れたとしても、文庫、手放せないでしょう。


新編性悪猫 (ちくま文庫)

猫本32:『イヌとネコのパリ散歩』★フィリップ&リオネル・コクラン [猫★主役マンガ]

110925_1316~0002.jpg


『イヌとネコのパリ散歩』★フィリップ&リオネル・コクラン

イラストを担当したリオネルさん(コクラン兄妹の妹)は絵本作家でもあるので、「絵本」に分類しようかと思いましたが。
訳者あとがきに「このマンガシリーズ」と記されていたので、フランスのマンガ、であるらしい。

イヌとネコがパリを散歩しながら、その場所にふさわしいセリフを発する、というスタイル。
セリフを担当したのは兄のフィリップさんで、なかなかシニカルなセリフが、特にネコのセリフに多い気がします。

たとえば。

「宝石店の並ぶヴァンドーム広場」では、2匹が店を覗いていて。
ネコ「石ころばかり・・・」

「エリゼ宮」を眺めながらの会話は。
イヌ「ポンピドゥー、ジスカール・デスタン、ミッテラン、シラク、歴代の大統領はみんな犬を飼っていた」
ネコ「ヤツらはおべっか使いが大好きなのさ」

「ペール・ラシェーズ墓地」にて、「パリ・コミューンにて亡くなりし者たちに」との張り紙を見ながら。
ネコ「時として、いちばんできる連中が排除されるんだ」

いや、全部が全部そういうセリフでもないのだけれど、「きっと作者はネコにそうあって欲しいんだろうな」と、思いました。

所々にフランスの歴史、演劇、映画、著名人、などに関するセリフも出てくるし、パリの名所の多くを網羅しているので、イヌネコに興味がなくても、フランス好き、パリ好きの人なら楽しめそう。

それにしても、このイヌとネコ、「可愛い」というのとはちょっと異なり、昔流行った言葉で表せば「ヘタウマ」みたいな印象なんだけど、線がすごくユニーク。
建物のイラストの線も、細いのに硬質な感じで、実際に描かれた建物がそうなのかはわかりませんが、ヨーロッパに多い「石造りの建物」のイメージです。

リオネルさんが絵を描いた、他の絵本も読んでみたくなりました。
それから、この本の前に『イヌとネコの生活事情』という一冊が出ているようで、それも入手したいなあ。


イヌとネコのパリ散歩



猫本23:『しあわせねこごはん』★いわみちさくら [猫★主役マンガ]

しあわせねこごはん.jpg


『しあわせねこごはん』★いわみちさくら

まだ「猫」本体を飼っていないというのに。
表紙に「愛情いっぱい! わが家のねこグルメ日誌」と書かれていたのが気になったのと、絵柄が可愛いので買ってしまった。

猫本(マンガ)好きといっても、絵柄の好みもあるから、全部買いたい、読みたいわけではない。
マンガは、特に購入の場合、絵本以上に、「絵柄がOKかどうか」が選択基準に影響します。
今は、猫マンガも多いので・・・マンガそのものに飢えていた時代だったら、「猫ならなんでも!」になっていたかも知れないけれど。

ちなみにダメな猫マンガ(キャラクター)といえば『ドラえもん』・・・マンガ自体は面白いと思うし、読みたくないってんじゃないけど、マイ猫本棚に並べる気はしない。

さて、いわみちさんは6匹の猫(+1匹の犬)と暮らしているのだけど、それぞれの猫の紹介やエピソードとともに、「猫の食事」に関する話が描かれる。
どの子がグルメちゃんだとか、どの子が食が細かったとか、どの子が病気持ちで食事に気を使ったとか。
「食」だけとっても、皆個性的~[わーい(嬉しい顔)]

基本は、著者が興味を持った「手作りのねこごはん」に関する内容で、食に関するコラムや、愛知県在住の獣医師、Dr.エリコによる「猫ごはんレシピ」もちょこちょこついている。
この「猫レシピ」が美味しそうで。
調味料の量を変えれば、人間も美味しくいただけるのでは?というレシピだったりするのだ・・・作ったら自分で味見するだろうな~。

「手作り推奨!」っていうほど強い主張ではなく、「猫の体質改善のためにやってみている」ぐらいのスタンスが良い感じ。
実際、「手作りごはん」を普通に食べる子もいれば、トッピングのササミだけ食べちゃった子もいるし、まったく口をつけなかった子もいて。猫によって違うんですね。
いわみちさんの判断では「手作りごはん、惨敗」だそうだけど(笑)

うちに来る(予定の)子はどういう子かなあ~カリカリだけなら楽かもだけど、私が手作り食にチャレンジしたら、食べてくれる子だと嬉しいなあ。

ちなみに、いまどき「猫まんま」だけ食べている飼い猫はいないんじゃないかと思うけれど。
一昔前は、人間の余りモノと庭の昆虫なんかを食べていたんですよね、猫たち。

人間用の味噌汁かけごはんは、猫にとっては「塩分過多」になり、病気になりやすいという話を聞いたけれど。相方の祖母宅にいた猫は、いつもそれを食べていて、20年以上生きたそうです。
もっとも、その頃は「放し飼い」だったから、栄養の足りない分は外で補ったり、野山を駆け回ってカロリー過多にもならなかったんでしょうね。

今は住宅事情はじめ、多くの点で昔と異なるし、特に都会では交通事故死も多いので、家飼いが鉄則だとか。
そうすると「昔はこれでよかったから」は通じませんよね。
人の食べ物だって、運動量だって、なりやすい病気だって、時代の変遷とともに変わってきているのだから、猫も同じでしょう。

元気で長生きして欲しいから、手作りするしないはともかくとして、「ねこごはん」にも気を遣いたいと思ったのでした。
ちなみに、6匹いる猫の中で、私が気に入った子は「丸くて何でも食べる、ふくたん」です。
写真も載ってるんだけど、丸い・・・やはり私の好みはデブ猫なのね。

Dr.エリコさんの「わんにゃんレシピ集」が載ってる「「わんにゃんかんぱにぃ」は > コチラ


しあわせ“ねこごはん”

猫本6:『きょうの猫村さん』★ほしよりこ [猫★主役マンガ]

猫村さん.jpg


『きょうの猫村さん』★ほしよりこ

擬人化猫マンガも色々あるけれど「猫のまま擬人化」で「家政婦」ってところがユニークな猫村さん。
爪とぎなどする「猫」でありながら、「家政婦」としての仕事もしっかりこなす。
そして、派遣先の犬神一家の人々や、家政婦仲間はじめ、出会う人々を客観的に観察している。

猫だから面白く読めるし「猫村さんがウチにも来てくれないかなあ」とか思うけれど、もし人だったら・・・あまり友達にはなりたくないかも知れない。
いい人なんだけど、おしゃべりでお節介で噂好きという・・・憎めないけれどね。
現代の物語でありながら、昔っぽい「家政婦」としての存在や、世間との関わり方が、ちょっと昭和っぽさ(郷愁の対象としての)を感じさせてくれるし、昔のテレビドラマのようでもある。

「ウェブコミックのはしり」と言われているけれど、もうひとつ、目新しさを感じたのは、「セリフが手書き」ということ。
決して「上手な字」ではないけれど、絵とのバランスが良いし、同じ人が書いたものだから当然、マンガとの違和感がない。
私は、ほしよりこさんをこの漫画で知ったので、彼女が描く絵に「手書き文字」がついていないと、違和感を感じるぐらいだ。

現在、5巻まで出ているけれど(貸し出し中のため、写真は3巻)、いつになったら「ぼっちゃん」に会えるのか、「ぼっちゃん」は猫村さんを覚えているのかがすごく気になる。見届けねば。
あと、めちゃくちゃ美味しそうな「特製ネコムライス」を食べてみたい・・・。

きょうの猫村さん 5

猫★主役マンガ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。