So-net無料ブログ作成
検索選択
猫★主役小説 ブログトップ

猫本36:『ひげよ、さらば』★上野瞭 [猫★主役小説]

110918_1426~0001.jpg


『ひげよ、さらば』★上野

こちらで、猫本ブログを書き始めてから、e-徒然草を書かれているべっちゃんさんに教えていただいた本です。

NHKの人形劇にもなったという名作だということで、猫の本について書いている方なども「名作」として挙げていたりしますが、私は知りませんでした。

図書館に予約して、取りに行ったら、「お、重い・・・ぶ厚い・・・」と一瞬引く。(写真、わざと斜めから撮っています、厚いでしょ?厚いよね?)
私は飽きっぽいので、長編が苦手なのです。

でも、読み始めたら、夢中になってしまい、一気読み!!
主人公のノラ猫、ヨゴロウザを中心とした、猫仲間、猫社会(とその周辺)を描いた、どきどきわくわくの冒険譚で、「次は、次は?」と先が気になって、止められなくなった。

話の内容や展開は全然違うのだけど、「仲間」「冒険」「強大な敵に皆で立ち向かう」といったところが冒険者たち――ガンバと十五ひきの仲間を読んだ時のわくわく感に近かった。ガンバたちはねずみですが。

子供の頃に読んでいたら、本当に夢中になって「面白かった~!」で、この感想だけで終わったかな、という気がします。
最初は「迷い猫」で、記憶がなく、よそ者ということもあって、どこかオドオドしたヨゴロウザが、多くの経験を経てたくましく成長していく過程や、野犬との闘いが強く印象に残ったことでしょう。

でも、すでに私、中高年ですんで・・・それだけでは終わらなかった。
猫たちの身勝手ぶりというか、自分も含めて「ああ、こういう人っているよね」と、人間社会に反映させて考えてしまって、ちょっと苦しくもなりました。
見事なほどに徹底してリアリズムというのか・・・「完璧な善人(猫)」が出てこない。全然甘くない。

ヨゴロウザの相棒、片目にしても、その他ユニークな名前を持った猫たちにしても、「イイヤツ」な面もあれば「ちょっとどうなの?」という面もあり。
ヨゴロウザにしたって、途中から暴君になったり、マタタビ中毒患者になったりして、「わかりやすいヒーロー」とはほど遠い。

それに、「最後の戦い」の緊張感が高まったと思ったら「あ・れ?」な結末だったりもして、お話自体も、わざと「王道はずし」をしているような。
全体を通して「生死観」や「老いることの哀しみ」も色濃く現れている気がしました。
中年から老年になり、身体の自由がきかなくなった状態で読んだら、また違った印象が残りそうです。

読書会の課題本になったら、すごく怖いな。
歩んできた人生、関わってきた人々、「生死」について、「自分という存在」について考えてきたこと、などが、感想を言い合うことで見えてしまいそう。

すごく読み応えのある小説で、久しぶり頭をフル回転させて読書をし、長く後を引いたたように思います。
べっちゃんさん、骨太な一冊、お薦めありがとうございました。

興味を持たれた皆様、この本は心して読んだ方が良いと思います。精神状態が良くない時には薦めません。


ひげよ、さらば (理論社の大長編シリーズ)

猫★主役小説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。