So-net無料ブログ作成
検索選択

猫本40:『性悪猫』★やまだ紫 [猫★主役マンガ]

110927_1411~0002.jpg


『性悪猫』★やまだ紫

やまださんの作品に出てくる猫は、シニカルな視点を持っている。
可愛い」というより、「ひねくれた」感じの猫が多い。
性格が悪いということではなく、世の中の理不尽さや、「当然」とされているけれど納得のできない物事に対し、密かに怒りを感じている、というような。

それはまた、やまだ紫という作家にも通じるように思う。
私は彼女のエッセイも読んだのだが、たとえば戦争とか金融危機とか災害などの「世の大事」ではなく、「小さな生活の中の矛盾」や「身近にある差別」といったものを見過ごさずに「待った!」をかけている。

帯には「暮らしの中でであう哀しみ、ねたみ、怒り、そして悦びを、猫の姿をかりて、やさしく、伸びやかに描く。」とあるけれど、猫を擬人化しているというのともちょっと違う気がする。

短編集のように、猫を主人公にしたマンガが連なっていて、言葉数もさほど多くないのだけれど、簡単に「読んだ」と言えないような深みを感じます。
これも帯にあった「詩的コミックという表現はよくわかる。

「ひかげ」という作品の最後に「せけんなど どうでもいいのです お日様いっこ あれば・・・」という言葉があって、つまらない対人関係で悩んでいた時に、ストンと胸に落ちた。

私は子供がいないこともあり、彼女の「母親観」みたいなものには共感できないのだけれど。
日常生活の中で、時に感じるわだかまりのようなものを、これほど正直かつ美しく表現できる人をあまり知らない。
「すごく好きな本」というわけではないのだけれど、「日々の暮らし」そのものにちょっと倦んだ時に、ビタミン剤のような働きをしてくれる一冊です。

単行本も手元に置きたいけれど、文庫版解説が佐野洋子さんなので、単行本を手に入れたとしても、文庫、手放せないでしょう。


新編性悪猫 (ちくま文庫)

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 1

黒千鳥。

帯にある「猫の姿をかりて…伸びやかに描く」描き方気になります。

「吾輩は看板猫である」さっそく読みました。
銭湯のみーあも可愛いし、そば屋のクロチイも格好いいし訪ねたい!
猫が居る風景っていいですよね。
by 黒千鳥。 (2011-11-02 16:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。