So-net無料ブログ作成
検索選択

猫本37:『かってうれしいねこいちもんめ』★よしだていいち、ふたまたえいごろう [猫★主役絵本]

110918_1424~0001.jpg


『かってうれしいねこいちもんめ』★よしだていいち、ふたまたえいごろう

絵本には違いないのだけれど、物語ではなく「詩」と、木版画のような絵で綴られていく本。

「うちの猫」についての詩がメインなのだけど、時々「そのへんで会う猫」のことも書かれている。
でも、せいぜい半径500メートル以内ぐらいの「ご近所」の話。

14編の詩に、それぞれ絵が1~2,3枚つけられているのだけど、ちょっとレトロな雰囲気が好ましい。

「うそ」という題名の詩が、一番好きです。
長いから、最初の連だけ引用しますと。

なにげなく うしろをふりむくと ひとめをぬすんで ねこが ゆうげのおかずに てを かけていた

添えられた「魚に手を出そうとしている猫」の表情が良いのです。
全体はのぼーっとしていながら、手先には緊張が走り、表情は「あれ?見つかっちゃった?」という感じできょとんとしている。

詩はこの先、叱られた猫が、まるで「いや、私はね、魚を取ろうとしたわけじゃなくて、ほら、ハエがね、ハエがいたから、それを追い払っていたんですよ」と言い訳をしているかのように続いていくのだけれど。
本当に「そんな顔」をしているのです、描かれている猫が。
なんだか微笑ましい光景だなあと思った次第。

1984年の出版なのだけど、もう少し前、「三丁目の夕日」とか「サザエさん」ぐらいの昭和レトロな感じが、詩の内容にも、絵にも出ている気がします。
「縁側に座るおばあちゃんになでられている猫」とか「丸いポスト」とか。
一軒家で放し飼いが普通という時代の印象。

タイトルは平仮名書きなんだけど、「はないちもんめ」にひっかけて、でも「勝って嬉しい」ではなく「飼って嬉しい」猫、ということのようです。
替え歌が全部載っているのかと思ったら、そうではなくて、それがちょっと残念でした。

私はマイナー出版社や地方出版社が好きだったりするので、あまり見たことのない出版社名を見た際には、調べているのですが、この本を出している(いた?)出版社は、なんだか問題があったようです。
でも、出版された本に罪はないと思って紹介しました。

かってうれしいねこいちもんめ (1984年)

nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 20

コメント 6

hoshino_sizuku*

たのしそう♪o(^-^)o見たくなりました♪
by hoshino_sizuku* (2011-10-16 01:01) 

ko-cha

挙動不審な猫の様子が目に浮かびました!
またまた猫が愛おしくなりました。
by ko-cha (2011-10-17 21:29) 

マルゲリッチ

駄々猫さんの書評を読んでこの本、すごく読みたくなって図書館に行き予約してきました♪楽しみです!
”ひげよ、さらば”借りてきましたがすごく分厚い本でびっくりしました^^
こちらも楽しみです♪
by マルゲリッチ (2011-10-18 22:06) 

駄々猫

>hoshino_sizuku*さん
面白いですよ~どこかで目にしたら是非!

>ko-chaさん
ありそうですよね、挙動不審な態度。ノラたちなら逃げるでしょうけど、家の子だったんでしょうね。

>マルゲリッチさん
そう言っていただけると嬉しいです。「ひげよさらば」は重たくて持ち歩けない&寝転んで読めなかったです。でも字は大きめで読みやすかった~読み終わったら、是非感想聞かせてください。
by 駄々猫 (2011-10-18 23:54) 

すずめ

木版画の味わいが良いですね〜!
こういう感じの絵、好きです。
by すずめ (2011-10-19 09:32) 

駄々猫

>すずめさん
コメントありがとうございます。レスが遅くてごめんなさい。
この木版画に惚れて購入した本です。この方のほかの作品を探しているのですが、なかなか見つかりません・・・。
by 駄々猫 (2011-10-26 23:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。