So-net無料ブログ作成

猫本34:『コスモス楽園記』★ますむらひろし [猫★脇役マンガ]

110927_1412~0004.jpg


『コスモス楽園記』★ますむらひろし

ますむらさんといえば、アタゴオル、主人公のデブ猫ヒデヨシが有名ですが。

こちらのマンガも、同じく「人のように動いてしゃべる猫」たちが生息する島のお話。
ファンタジックな面と、妙にリアルな面が混在し、不条理性もある展開、という点も一緒なので、ますむらワールドが好きな人なら、すんなり入れるでしょう。

核実験と植物細胞実験のせいで誰も近づかなくなった南太平洋の無人島に、スクープを狙った青年記者、藤田が上陸するところから物語りは始まります。
誰もいないはずの島には、なんと、二本足歩行をし、日本語も通じる猫たちが、ある意味「ずっと進んだ暮らし」をしていたのでした。

藤田が仲良くなる発明家?の猫は、やっぱりデブ猫で、文太という名前。
他にも、将軍、煙鳥、ジプレッション、オリオン三毛松、オキアミ教の教祖さま・・・色々な猫が登場するのだけれど、どうもデブ猫率が高い気が。デブ猫好きにはたまらん・・・。

途中で、藤田のガールフレンドの真弓が彼を探しにやってきて、それからは彼女も一緒に島で過ごすことに。
エピソードが積み重なって、物語が進んでいくのだけど、私、まだ一巻しか読んでおらず、「こ、この先が気になる・・・」といった感じ。

5巻まであるらしいので、ゆっくり探そうと思っています。
最後に、藤田と真弓が日本に帰るのか、それとも島に留まるのか、そんなレベルじゃなく「とんでもない展開」になっていくのか、楽しみ♪

一巻で印象的だったエピソードは、ゴッホやゴーギャンの絵とジプレッション氏の一連のお話でした。
南太平洋つながりみたい。あと、キネマの話も面白かったな~。


コスモス楽園記 (1) (扶桑社文庫)

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。