So-net無料ブログ作成

猫本33:『ねこのシジミ』★和田誠 [猫★主役絵本]

110918_1425~0001.jpg


『ねこのシジミ』★和田誠

仔猫の頃、「シジミが落ちているみたいに見えた」から、シジミと名づけられた猫のお話。
公園で拾われてから、どうやら「和田家」で、平凡ながら幸せな生活を送ったらしい。

なんで和田家かといえば、「ショウちゃん」が持ち帰って、弟が「リッちゃん」で、シジミを抱いている「お母さん」は、平野レミさん(=奥さん)ソックリ。
さらに、絵本の出版は1996年なんだけど、最後のページには「小学生だったショウちゃんが、もうはたちなんだから」という記述があって、トライセラトップスの和田唱さん(和田家長男)は、1975年生まれ。

エピソードとして、みんなはシジミ、シーちゃんと呼ぶのに、お母さんは、シジミ>フジミ>フジオさん>フジサキさんと変化させてしまった、なんて話が出てくると「レミさんなら、そうかもなあ」と思ったり。

話の流れは、シジミの毎日が「ぼく」という一人称で語られるだけで、大きな事件や感動的なことがあるわけではない。
もっとも、ドロボウが入ってお金を盗まれるという「事件」はあったのだけど、そこが強調されているわけでもなく。

「お父さんを起こす」とか「水はお風呂場で飲む」とか「トイレは外でする」とか。
「病気の時はじっとしている」とか「鳥も虫も取らない」とか。

私のお気に入りは「うちのなかで涼しいところをみつけるのが得意」で「ぼくが寝ているところに、お母さんが野菜を置く」というエピソード。同じことをしてる人、いそうですよね。

話が淡々としている分、和田さんの絵(繊細な銅版画だそうで、ビックリ)が引き立ちます。
シジミの表情や動きが、どのシーンにおいても、とてもリアルに描かれている。

たとえば、外から戻りたくてドアをカリカリする様子とか、ザリガニを観察する様子とか、犬を見て毛を逆立てている様子とか。
その一枚を、絵として飾っておきたくなります。
そういえば、この本の編者であるトムズボックスさん@吉祥寺に「オリジナル絵葉書」があったかも。

最後は、トランクの中で寝ている姿とともに、年をとったことが記され「でもまあ、しあわせなまいにちかな、とおもいます。」と締めくくられます。
これは、和田さんが想像した、シジミの「人生(猫生)回想記」なのかも知れない。

私がこの本を好きで、流れはもうわかっているのに時々眺めるのは、衣食住足りていれば、特に何も望まない平凡な日々を「しあわせ」と感じていて、それを肯定してもらえる気がするから。
ドラマや映画にはできそうにないし、「何か生きた証を残したい」タイプの人にはわからないかも知れないけれどね。

ねこのシジミ (イメージの森)

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 4

タックン

「シジミが落ちているみたいに見えた」って
どうな風に落ちていたのでしょう^^
和田家の暮らしは シジミちゃんにとっても
楽しかっただろうなぁ・・・幸せニャンのお話なんですね。
by タックン (2011-10-03 20:18) 

駄々猫

>タックンさん
添えられた絵は、台所の床に「本当に小さな仔猫」がうずくまってる図、でした。遠くから見たら「しじみ?」だったんでしょうね。
どんなおうちに、どんな家族の貰われていくかも運の強弱なんでしょうか。
by 駄々猫 (2011-10-04 23:18) 

ko-cha

こんばんは。

猫とは関係ないのですが、
和田誠氏のご長男がトライセラトップスの和田君とは!
かなり驚きました。
by ko-cha (2011-10-05 23:39) 

駄々猫

>ko-chaさん
あれ? TV見ない=芸能ネタに弱い私が知っているので、割と有名な話かと思っていました。ウィキにも載っているかと。
和田家は仲良しみたいで、レミさんの子供向け料理絵本でも「4人で共作」していたりします。
by 駄々猫 (2011-10-06 23:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。